1. HOME
  2. Column
  3. 「無」の日の過ごし方
Column

「無」の日の過ごし方

Column

38

今日は何を書こうか?
ふと何も書かないけど
書くことってできないのかな?
って思ったら・・・

最近言葉がオーバーしていたんだな〜
と、絵にしてみました〜

そして考えてみる『無』


自分は『無』価値
自分に自信が『無』い
自分は何も持って『無』い
自分にはお金が『無』い
自分には才能が『無』い



こんなことを
思ったことある人
実はたくさん
いらっしゃるのでは
ないでしょうか?



『無』って
なんだか悪いことのよう




もっと
『頑張らないと』



もっと
『自分が我慢すれば』



もっと
もっと
もっと





これ以上
どう頑張ったらいいんだろう?







限界を超えた時に
次のステージが始まる



限界まで振り切れないと
次のステージに昇格する
エネルギーが生まれない




私たちは
辛い想いを
経験するために
生まれたんじゃない




これまでの人生が
苦しかった人
悲しかった人
いっぱい我慢してきた人



限界がきたら
次はどこに行くのか?




私は
絵を描く時
あれを描こうと言うのがなく
描いてると
こう言う
意味か



っと理解していく系
(何だそれw)




今日描いた絵は
こんなリーディングでした。




「境界線を挟み
それは同じ世界だけど
違う世界。


同じ世界で
苦しみの世界があり
喜びの世界がある


どちらも
花が咲くのには
必要なもの


でもこれを
選択する自由が
あることに



出会うためには
鍵が必要である


鍵は自分で
探さないと
見つからない



だからこそ
学ぶのです。




この両方の世界の
真理を知った時に
本当の喜びの世界が
広がります



そうすると
エネルギーは
美しく循環する



世界にそうやって
愛が広がることを
私たちは
誰よりも願っています」



無の日は
意味のないことを
やってみる日かもしれません



正解は
時に必要だけど
時に不要。



無の日には
ただあるがままを
見る


そんな時間が
人生を彩るのかも
しれない



芸術や
音楽や
娯楽は


生きるためには不要
でも、豊かさには必要


無って
生きるためには不要だけど
豊かさには必要な”空白”



ボイドタイムの空虚な時間は
無が世界に必要なことの
人の人生に彩りを添えることに
必要なことを教えてくれているのかも
しれません。





今日は、
特に意味の『無』い
記事にしてみました




読んでいただけたら
嬉しいです♪


今日も
豊かな1日を〜




Text/Hosi Yomi ARTist 194

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アルカナ営業日カレンダー